イタリアでカジノに勝った時に税金を安くする方法

イタリアのカジノは年齢確認のためにパスポートチェックがあり、18歳未満は入れません。
おしゃれな国だけあり、ドレスコードが存在する店もあるので、入店時の服装や髪型には注意が必要です。
カジノで50万以上の勝ち額が発生したら一時所得として税務申告しなければならないので、カジノ発行の証明書を忘れずにもらい、源泉証明として税関に提出します。

この書類は日本国の税務当局へ送られますので、申告を忘れた場合は税務署から問い合わせがあり、納税から逃れることはできません。
故意に申告逃れをしたわけではなくても追徴課税されることがありますので、気を付けましょう。
せっかく勝ってもかなりの税金が引かれるため、しょせん儲からないようなシステムなのか、楽しめたから充分かとあきらめがちですが、これらの税金を安くできる方法があります。

それはイタリアにいるうちに、カジノで所得税に相当する税金を払うことです。
そうすると外国税額控除が適用され、イタリアで税金を引かれますが、外国税額控除の適用を受けることで日本での納税額が少なくなります。
更にイタリア内で納税のために支出した旅行代金等は必要経費として控除が認められるため、2倍お得です。
オンラインカジノ初心者の人は必見!MGMコタイカジノホテルのご紹介