イタリアはカジノができる場所が限定されています

イタリアのカジノはローマ・フィレンツェ・ナポリなど観光地がある大都市の場所には設置されていません。イタリアは、もともとキリスト教でも敬虔な信者が多いカトリックの国です。従ってローマのような大都市には、賭博を行う施設を置くわけにはいかないといった風土によるものです。地方都市に11か所のカジノが開かれている場所があります。

インペリアは、南フランスのコート・ダジュールからリグーリア海岸で国境を接しています。入場は18歳以上特徴は、従業員へのチップがいらないことです。ミラノは、ファッションの町・金融街がある町になります。小さなスロットマシンが中心になる店が多くあります。サンレモは、100年以上の伝統があり、年間100以上のコンサートが開かれている劇場の他にレストランやバーも完備されています。ルーレットやポーカー・スロットがメインになるカジノです。

ベネチアは、湖沼化した場所に浮かぶ島で水の都と呼ばれています。スロットマシンは600台以上ありテーブルゲームも楽しむことができます。営業時間は11時から翌日2時半までやっているのがカジノ・ディ・ヴェネツィア・ヴェンドラミンカレルジになります。
オンラインカジノ必勝法を詳しく知りたい方はこちらエコペイズEcoPayz対応オンラインカジノを教えます!

イタリアは、キリスト教国で賭博に関しては悪だという雰囲気があるので、観光客が楽しむ娯楽と言った点が見られます。