イタリアのカジノの入場料は無料のところもあります

イタリアには幾つかのカジノがあります。もちろん公に認められた合法的なギャンブル施設です。ただし、観光地としてあまりにも有名なミラノやローマにはカジノがありません。イタリアのほとんどの施設にはドレスコードがありませんので、Tシャツやノースリーブ、ジーンズ、運動靴などでも入場することができるのです。しかしサンダルでは中に入ることができません。同国であってもヴェネチアの「カ・ベンドラミンカレルジ」は例外です。ここのテーブルゲームフロアではドレスコードが設定されています。男性は、ジャケット、Yシャツ、長ズボンの服装で、女性はあまり露出がないカジュアルな服装であると決められているのです。世界最古のカジノと伝えられており、紳士淑女の社交場そのものです。

イタリアのカジノ施設は、地域によっては入場料が無料、あるいは10~20EURの入場料金が必要な場所があります。なお入場のときには荷物検査は行われていません。しかし場所によっては、コートやバッグ、帽子、カメラなどの荷物を持って入ることのできないところもあり、その際は専用クロークを利用することとなっています。また入場のときにはパスポートの提示を求められる施設もあります。
オンカジ最新情報はこちらセブカジノホテルランキングと比較、評判を紹介!