整体効果とその原理について

すぐに痛みが無くなったり、体の可動部がよりスムーズになったりします

人間の体は無数の骨の組み合わせで形作られています。そのすべての骨は柔軟性を保つようにその接合部分が離れ、軟骨と水分でその間を繋がれている構造です。これは柔軟性が保たれる半面、強い衝撃などが加わったり、不安定な姿勢が長時間保たれたりするとその位置がずれ、非常に不安定な状態になることがあります。整体の原理はこの骨の接合部がずれている状態を外部からの施術で修正し、正常な状態に修正する治療方法です。整体効果はすぐにあらわれるもので、すぐに痛みが無くなったり、体の可動部がよりスムーズになったりします。しかし、外部から手探りで行うことが多い治療法のため、知識と経験が豊富で無いとなかなか高い整体効果が上げられない難しい治療法でもあります。

様々な方法でその骨の歪みがどこにあるのか

整体を行う際には、まずは様々な方法でその骨の歪みがどこにあるのか、どのように歪んでいるのかを正確に把握する必要があります。その手順としては、患者を硬いベッドに寝かせて骨の歪み、結合部などを触診し確認する方法と、患者をまっすぐ立たせたり、あるいは歩かせたりしてその状態で判断する方法を併用して確認します。まっすぐ立たせたり、歩かせたりすることは骨が歪んでいるとまっすぐ立った場合にどちらかに傾いたり、歩いている場合にも手足の振り方が左右対称でないことという原理に基づきます。このように状態を確認してから整体の施術を行うことで、まっすぐ立てるようになる、姿勢がよくなる、歩くのが軽く楽になるなどの整体効果が現れるのです。整体は大きな怪我で体が動こなくなったり、事故を起こした時にも有効な施術方法です。交通事故治療でお探しなら代々木整体院がお勧めです。